市販育毛剤を選ぶ場合のメリットとデメリット

市販の育毛剤は、公式サイトなど、
限られたところでしか手に入れられないメーカー直販タイプと、
ドラッグストアなどで手軽に買えるタイプとがあります。

 

「ドラッグストアなどで買えるもののほうが手軽でいい」と考える人も多いですが、
そのメリットとデメリットをご存知ですか?

 

ドラッグストアで育毛剤選びをするメリット

ドラッグストアで育毛剤選びをするメリットとしては、
以下のようなものが挙げられます。

 

〇近くの店ですぐに買える。
〇直販タイプと比べると安価なものも多い。
〇実際に、複数の商品パッケージを一気に見比べることができるので、比較も楽。

 

・・・このように、ドラッグストアなどで販売されている育毛剤は、
「手軽・安い・楽」の三拍子が揃っていると言えます。

 

ドラッグストアで育毛剤選びをするデメリット

ドラッグストアで育毛剤選びをするデメリットとしては、
以下のようなものが挙げられます。

 

〇メーカー直販タイプのような返金保証制度がない。
〇成分内容が非常に貧弱な育毛剤も少なくない。

 

(中には、育毛剤ですらない「ただのヘアローション」が、
いかにも育毛剤っぽいイメージで売られていることもあり、それを間違えて買ってしまうことも。)

 

・・・というわけで、ドラッグストアなどで販売されている育毛剤の中には
「安かろう、悪かろう」のタイプが少なくない、というのが大きなデメリットです。

 

 

中でも育毛有効成分が入っていないヘアローションを間違って選んでしまったら最悪です。

 

そうしたヘアローションの中で、
特に多いのが「メントールで無理やり爽快感を演出しているタイプ」です。

 

使った瞬間はスッキリしますが、育毛有効成分がないため、
これを薄毛対策に使うのは時間とお金の無駄、と言えるでしょう。

 

また、ドラッグストアで販売されているタイプは、育毛剤もヘアローションも、
「香料や保存料など、気になる添加物がいろいろ入っているケースが多い」という点も気になります。

 

手軽で安価なものの、成分内容についてはいろいろと不安・不足な点が目立つ傾向が強い、というわけですね。

 

メーカー直販タイプをネット直販するのはどうか?

「ドラッグストアなどで買える育毛剤」とは逆の立場になるのが、
「メーカーの公式サイトからのネット通販でしか買えない、直販タイプ」です。

 

こちらのメリットとデメリットは、以下のようになります。

 

メリット

〇メーカー直販ならではの「商品に対する責任感」を持っているところが多く、
良質でこだわった成分配合をしているものが多い。
〇公式サイトで商品についての詳しい情報が得られる。
〇直販だからこそ、ニーズに合わせての製造が可能で、
メーカーが大量在庫を長期間抱える、というケースが少ない。
(何年も保管したような古い育毛剤を買わされるリスクが少ない。)
〇頭皮に合わなかった時などに、返金保証を受けられるタイプのものも多い。
〇買い物に出かける必要もなく、自宅に届けられる利便性がある。
〇通常価格での購入よりもお得な定期コース利用が可能。

 

デメリット

○メーカーの知名度が低いため、信頼性に不安が生じる。
〇ドラッグストアにある安価な育毛剤と比べると、価格はやや割高。
〇実際に商品が届くまでは、商品を手にして実物を見ることができないので、その点で不安を感じる人も居る。

 

・・・こうして見ると、知名度や価格の面での不安はあっても、
「きちんと効果を実感できる可能性が高いものを選びたい」と思う人には、
品質へのこだわりや返金保証などの安心感がある直販タイプのほうが、総合的にはおすすめと言えるでしょう。

page top