市販の育毛剤で対応できる薄毛はどのレベルまで?

薄毛対策のために使える、
頼もしい存在のひとつとして挙げられるのが、育毛剤。

 

私たちが手に入れられる市販の育毛剤として、メーカー直販タイプや、
ドラッグストアなどで買えるタイプなどがありますが、そうした育毛剤で、
どのくらいのレベルの薄毛に対応できるのでしょうか?

 

 

市販の育毛剤で対応できる薄毛レベルはこのくらい!

市販の育毛剤で対応できるレベルはどのくらいかというと・・・

 

「髪の生え際や頭頂部分などが薄くなってきたという自覚はあるものの、
まだ、見た目的には何とかごまかせる」というレベルなら、育毛剤で対応することが可能です。

 

また「髪の本数はそれほど少なくないが、1本1本が細く短いためボリュームダウンしている」
という人にも、育毛剤はおすすめ。

 

育毛剤の有効成分による毛根への働きかけで、
毛根の毛乳頭や毛母細胞が本来の力を取り戻し、
強く太い髪を生やせるようになれば、ボリュームを盛り返すことにつながりますからね。

 

有効成分がしっかり配合されている、良質な育毛剤をきちんと選べば、
このレベルまでの薄毛には、大いに改善の期待が持てますよ。

 

もちろん、ここでご紹介している育毛剤は、
これらのレベルの薄毛対応に期待が持てる、良質なものばかりです!

 

 

市販の育毛剤では対応できない薄毛レベルは?

では、市販の育毛剤では対応できない薄毛レベルとはどんなレベルかというと、
絶望的なのは「もうツルツルで、何年も髪が生えていない部分」などですね。

 

これはもう、毛母細胞が機能を失っている可能性が高く、
いくら有効成分が働きかけても、それに反応してくれないのです。

 

また、「ツルツルではないものの、髪が生えている部分がかなりまばら」というケースも、
育毛剤で対応しきるのは難しいです。

 

たとえ髪が太くなっても、本数があまりにも少ないと、
「少しは見た目がマシになった」程度の結果しか得られない可能性が高いのです。

page top