薄毛になると起こる身体への悪影響

髪の重要性は「見た目」だけではない!

あなたは、薄毛の大きな問題とは何だと思いますか?

 

「薄毛は見た目で損をする」「老けて見える」などという、
外見の問題を指摘する趣旨の答えを返す人がほとんどだと思います。

 

もちろん、外見上のイメージダウンは
薄毛の最も深刻なダメージであることに間違いはないでしょう。
しかし、実は問題はそれだけではないのです。

 

髪の存在の重要性とは?

薄毛の人は、実は健康面でもあるリスクを抱えてしまいます。

 

それは・・・「髪は有害物質の排出器官でもあるので、
薄毛であればあるほど、その有害物質の排出の恩恵が受けにくくなってしまう」ということです。

 

髪を通じて排出される有害物質の代表格となるのが、水銀やヒ素・カドミウムなど。
どれも、体の中に蓄積されては困るものばかりですよね。

 

これらが毛乳頭経由で毛根に送られ、
髪の成長とともに外に出されるため、髪の存在はこの点でも重要と言えるのです。

 

紫外線や外傷のリスクも軽減!

さらに、髪の存在意義は
「見た目の良さと有害物質排出器官としての優秀性」だけではありません。

 

頭皮にダイレクトに紫外線が当たるのを軽減してくれますし(もちろん、
髪にはダメージがありますが)、さらに、頭をぶつけたりこすったりした時も、
髪というワンクッションがあるかないかで、ケガのリスク度合いも違ってきます。

 

このように、髪には「頭皮を守る」という役割もあるのです。

 

脳にとっても頼れる存在!?

髪は、「頭皮およびその中にある脳を気温変化から守る」という役割も果たしています。
寒い季節も、髪があるかないかで、頭部に感じる寒さにはかなりの差が出てきますからね。

 

「頭寒足熱」という言葉があるように、
腦はある程度涼しい環境にあることが理想ではありますが、やはり、冷えすぎは問題。

 

極端な話、脳が冷えすぎると意識障害のリスクすら出てきます。

 

「冬山で遭難し、寝てはいけないのに眠くなる」という、
ドラマやマンガでよくありがちなあのシーンは、実は脳の意識障害の症状を表現しているのです。

 

一般的な日本の環境下で過ごす場合、いくら冬でもそこまではめったにいかないでしょうが、
「冷えで血行が悪くなる」「体が重くなる、だるくなる」などといった悪影響が出てくる可能性は大いにありますよ。

page top