ミノキシジル配合の育毛剤に潜む副作用のリスク

市販の育毛剤の中で最強格と言われているのは、
リアップなどの、ミノキシジル配合の育毛剤です。

 

「せっかく育毛剤を使うのなら、効果が高いほうがいいに決まってる」
というのは確かにその通りなのですが、実はこのサイトでは、
そうしたミノキシジル配合の育毛剤は、あえておすすめしていません。

 

なぜかというと・・・ミノキシジル配合の育毛剤には、それなりのリスクがあるからです。

 

ミノキシジル配合育毛剤のリスクとは?

ミノキシジル配合の育毛剤のリスクとは何かというと・・・ズバリ「副作用リスク」です。

 

副作用のリスクがあるからこそ、リアップなどのミノキシジル配合の育毛剤は医薬品扱いとなっており、
しかも、市販の医薬品の中でも特に副作用リスクが高い「第一類医薬品」に分類されています。

 

第一類医薬品とは、その薬の使用上の注意点や安全性について、
薬剤師から情報提供を受けないと買えない、というほどの薬です。

 

で、具体的にどんな副作用が懸念されるのかというと、
以下のようなものが挙げられます。

 

頭皮の湿疹・かゆみ・かぶれ
頭痛・目まい・気が遠くなる
胸の痛み・心拍数増加
むくみ・体重増加

 

こうして見ると、さすが第一類医薬品だけあって、
かなり幅広いレベルの副作用が懸念されることが分かりますね。

 

ミノキシジル配合育毛剤、副作用はどのくらいの割合で出る!?

ミノキシジル配合育毛剤は、高い副作用リスクが懸念されるため、
第一類医薬品という分類になっていますが、
実際、副作用はどのくらいの割合で出るのかというと・・・

 

大正製薬がリアップX5とリアップ5について、平成21年2月から平成25年2月までの期間で、
全国の販売店518店から計3072例分の情報収集をしたところ、
「副作用が出たのは、3072例中271例で、8.82%だった」と言う結果が出ました。

 

つまり、9人に1人の割合で副作用が出たのです。

 

その副作用の多くは、頭皮の発疹・かゆみなど、
「育毛剤を塗った部分の頭皮トラブル」ですが、重篤な副作用として、
心不全が1例あったことも報告されています。

 

もっとも、心不全については、
育毛剤と因果関係があったのかどうか医療機関での追跡調査ができなかったため、
「これが本当に育毛剤の副作用なのか」という点については、評価困難とされていますが。

 

 

まあ、心不全というのは極端な例であるとしても、
やはり8.82%という副作用確率というのは、かなり高いと言わざるを得ません。

 

育毛剤は長い付き合いとなる存在ですから、そこまでの副作用リスクを覚悟の上で、
それでもミノキシジル配合のものを選ぶべきなのか?

 

という点を、改めて考えてみることをおすすめします。

 

page top