薄毛治療で保険は適用して貰えるのか?

自分で薄毛の対策をいろいろやってもどうしても効果が実感できない・・・
そんな時に、最後に頼れる手段として挙げられるのが、
「医療機関での薄毛治療」です。

 

しかし、ここで気になってくるのが、金銭面の問題。
保険適用されるかされないかで、自己負担額はグッと変わってきますからね。
薄毛治療には健康保険が適用されるのでしょうか?

 

 

原則としては保険適用外!

結論から言うと、医療機関での薄毛治療は、
そのほとんどが保険適用外となってしまいます。

 

「薄毛は、本人にとってかなり深刻な問題なのに、
なぜ適用してくれないのか」と思われるかもしれませんが、これは、今の日本の健康保険が、
「放置しておくと生活・健康面で大きな支障をきたすと考えられるものに対して適用される」
という趣旨で使われているからです。

 

薄毛に悩む本人にとっては、それこそ「精神的なダメージが大きく、
これは健康面に支障をきたす問題でもある」と言いたくなるのですが、
今のところ国の解釈は、「薄毛というのは見た目・美容面の問題」という感じの扱いなのです。

 

要するに、女性が「シミ・シワが気になるから、美容外科で治療してもらおう」と考えるのと、
似たようなスタンスであると解釈されているのです。

 

診察・検査・投薬いずれも全額自己負担扱いとなるため、
トータルではかなりの出費が予想されてしまう・・・

 

これが今の薄毛治療の、最大の悩みどころとも言えます。

 

 

保険適用対象となる薄毛とは?

というわけで、薄毛治療は基本的に保険適用対象外となりますが、
ごく一部の薄毛治療については、保険適用となるものもあります。

 

たとえば、円形脱毛症や、ひこう性脱毛症(毛根に炎症をともなう脱毛症)に対して、
塩化カルプロニウム液(フロジン液)を処方する場合などは、保険が適用されます。

page top