薄毛になる原因はどんなものがある?

薄毛になる原因とは、どんなものなのでしょうか?
ここではそれを知っておきましょう!

 

薄毛になる原因あれこれ

薄毛になる原因として挙げられるものは、以下のようなものとなります。

 

@男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びついてできた
「ジヒドロテストステロン」によるもの
A皮脂分泌過剰・乾燥・炎症・荒れなど、頭皮環境の悪化によるもの
B頭皮内の血流の悪さによるもの
C頭皮の栄養不足状態によるもの
D何らかの病気や投薬の影響によるもの
E加齢による、頭皮や毛根の機能の衰え

 

ちなみに、Dの「何らかの病気や投薬の影響」の例としては、
甲状腺疾患・心臓疾患・肝臓疾患・糖尿病・抗がん剤の副作用などが挙げられます。

 

こうした病気や薬を原因とする薄毛は、他の薄毛とは違うので、

 

「しっかりと病気を治療する」
「薬の投与の副作用であることを理解して受け入れる」という姿勢が必要です。

 

しかし、D以外の原因については、その原因を引き起こす要因を
できるだけ排除するよう努力すれば、十分改善の余地はあります。

 

Eの「加齢による衰え」でさえ、自己努力でそのスピードを遅らせることはできるのです。

 

薄毛の原因を引き起こす要因は何?

では、薄毛の原因を引き起こす要因とは何かというと・・・
主に、以下の8つが挙げられます。

 

@遺伝
A睡眠不足
B運動不足
C食生活の乱れ
Dストレス
E飲酒・喫煙
F紫外線
G不適切なヘアケア

 

この中で、@の遺伝だけはどうしようもありませんが、
残り7つの要因については、その問題を軽減・解消していくことが可能です。

 

A〜Gの要因が薄毛につながる理由や対策法は、
のちの個別ページで詳しく説明していますので、そちらをご覧下さい。

page top