育毛剤を使い始める前に覚えておくべき3つのポイント

薄毛対策の手段として育毛剤を使うのはおすすめですが、
育毛剤を使うにあたっては、いくつかの注意点があります。

 

適切な使用量・使用回数を守ろう

育毛剤の成分効果は、各メーカーが推奨している
使用量・使用回数を守ってこそ、最大限に発揮できるものです。

 

「まだそんなにひどい薄毛じゃないから」
「高い育毛剤なので長持ちさせたいから」などという理由で、
使用量や回数を自己判断で減らす人も少なくありませんが、
それでは本来のパワーは発揮できません。

 

逆に早く効果が出るようにと多くするのも、
無意味どころか逆効果になって頭皮にダメージを与えかねません。

 

使うべき量と回数はしっかり守るようにしましょう。

 

即効性を期待しないように!

育毛剤というのは、頭皮や毛根を徐々ににいいコンディションに仕上げていき、
頭皮と毛根が、髪を生み育てていく力を取り戻せるように働きかけるというものですから、
「たった数日で薄毛改善」などという結果を出すのは不可能です。

 

頭皮や毛根が力を取り戻すには、その部分が日々の新陳代謝によって
いい状態の細胞に入れ替わるという状態になる必要がありますし、その後も、
元気を取り戻した毛根から伸びてきた髪が頭皮の外に出るまでに、ある程度の期間がかかりますね。

 

そうした理由もあって、ほとんどの育毛剤は、
効果を実感できるまでに2・3ヵ月〜半年程度の期間がかかります。

 

「1ヵ月使ってみたけどダメだった」などと短気を起こさず、長い目で見るようにしましょう。

 

「でも、返金保証がある育毛剤でも、その保証期間が30日くらいしかないから、
それではどうしようもないのでは」と思われるかもしれませんが、

 

こうした返金保証制度は
「使い心地はどうか」「頭皮トラブルはないか」ということを確かめるため、というのが主目的です。

 

ただし、1ヵ月程度でも、よく観察すれば、
「フケが減ってきた」「頭皮の手触りが少し良くなった」など、
ちょっとした改善のきざしを感じることは可能ですよ。

 

育毛剤に頼りきりの薄毛対策もNG

さらに、育毛剤を薄毛対策に使う人の注意点としてもうひとつ
「薄毛対策のすべてを育毛剤にまかせてはいけない」というのが挙げられます。

 

そもそも、薄毛となってしまったのは、食生活の乱れや睡眠不足・運動不足・ストレスなど、
それまでの生活の積み重ねが主原因となっている可能性が高いのです。

 

「育毛剤が何とかしてくれるだろう」と安心して、そうした部分をまったく見直さないままでは、
「育毛剤でケアをしつつも、生活面では頭皮と髪を傷めつけている」という状態が続きますから、
育毛剤の効果も思ったように得られなくなります。

 

育毛剤はあくまで「生活やケアの見直しなどもした上で、頼れるサポート役としてプラスするもの」
という存在だということを理解しておきましょう。

page top